スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺的鬼殺映画賞

どうも
本物の内田裕也です

人間というのは不思議な生き物で
途中から見た映画でも
流れているとつい見入ってしまう

そんなpower to the people=shitが今回みなさんに紹介する作品がこちら


そう、バッテリーです
野球映画ですね
スポ根です
(俺は最近までスポ根ってエロい意味だと思っていた)

内容はと言うと
クサイ(笑)
とにかくクサイ
マシンガンズと同じ位クサイ


天海祐希とか岸谷五朗とか出てんだけどさ
主人公(原田)がまぁキザで
腕は確かだがちょっと高飛車で無口なピッチャー
色白でかなりのイケメン

その相方
キャッチャーがちょっと小太りの浅黒く日焼けした奴

ストーリーはこの二人を中心に展開される中学野球なのですが

ま~ピッチャーが生意気で

監督「おい原田、お前の球を見せてみろ! おい○○(三年のキャッチャーの名前)お前受けてやれ」

三年「え、ういっす…」

球「ぶしゅううぅー!」
その球がキャッチャーの前でショーバン、そのまま跳ね返った球が三年の腹部を直撃

三年「うぐっΣ(゚д゚lll)」

庄司さん「ドキッ、はうあ!」

監督「原田、お前明日までに丸坊主にしてこい」

原田「丸坊主にしたら球速くなんすか」

監督「俺に従えないなら辞めちまえ、こっちが頭下げて投げて欲しい球じゃねぇ」

原田「(♯`∧´)」


みたいな

当然クサイから途中でピッチャーとキャッチャーが喧嘩別れするシーンもあるんだけど

キャッチャー「お前、あの時の球はなんや!お前は、俺の野球を馬鹿にしたんじゃ!」
つって原田の顔殴る

みたいな


結局は周りの友達に怒られて気付いて仲直りするんだけど

友達「おい!原田が他のキャッチャーに取られてもいいのか!? あいつの球はお前が受けるんじゃねぇのか!?」

みたいな



んで大体みんな色黒でガタイいいんだよね
しかも主人公だけ色白のイケメンなんだよね

シーンの至る所で

球だの受けるだの伸びるだの監督に従うだの


もうお気付きですよね?









これ


































後の結末は各自のご想像にお任せします


ちなみに僕がニヤニヤしながら見ていたのは言うまでもありません




寝る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。